読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人登山の道具選び

登山の素人がやったこと、悩んだことについて綴ります。

素人登山の道具選び〜カトラリー〜

素人が道具を選ぶ時に、基準にしたこと、悩んだことを、

書いています。

 

今回は、カトラリー。

箸とか、スプーンとか、フォークのことですね。

 

これは、別にその都度割り箸を持っていってもいいし、

使い捨てのコンビニとかでもらえるスプーンでも問題はありません。

 

さて、買おうかなと思った時に、

目にするのが、

CAPTAIN STAG (キャプテンスタッグ)

UNI FLAM(ユニフレーム)

snow peak  (スノーピーク)

といったところでしょうか。

 

価格帯は、

キャプテンスタッグが一番安く、

後の二つが同じくらいでしょうか。

 

カトラリーの素材には、

ステンレスと、軽いチタンのものが多いです。

 

そして、箸、スプーン、フォークなどがセットになっているものと、

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピングスプーンセット箸付ビニールケース付 M-7715

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピングスプーンセット箸付ビニールケース付 M-7715

 

 

個別のものがあります。 

スノーピーク(snow peak) チタン先割れスプーン SCT-004

スノーピーク(snow peak) チタン先割れスプーン SCT-004

 

 

 箸は、小さく収納できるタイプがあります。

スノーピーク(snow peak) 和武器M SCT110

スノーピーク(snow peak) 和武器M SCT110

 

 

 

安いものから、そこそこのものまで、いろいろあるんですが、

私がカトラリー選びで大事にした基準が、

一本兼用です。

理由は、ジャラジャラいくつも持つのは邪魔だし、うっとうしいから。

 

フォークは、刺す、巻く、スプーンはすくう、箸は、刺す、つまむ。

こんな感じの機能を、

できる限り一本で行えるものを買おうということにしました。

 

それで、ちょうど良いのが、スポークという代物。

スノーピーク(snow peak) スクー SCT-125

スノーピーク(snow peak) スクー SCT-125

 

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) チタン製 FD先割れスプーン スポーク UH-3003

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) チタン製 FD先割れスプーン スポーク UH-3003

 

 

学校の給食で見たことがあるかもしれません。

スプーンとフォークが一体になったものです。

 

この形状を選んだ時に、次に大事になってくるのが、

フォーク部分の長さです。

この長さが、長すぎると、すくう機能が低くなるし、

短すぎると、刺す機能が低くなります。

 

私にとって、ちょうどいい

 ベストなスポークは、こちら。

スノーピーク(snow peak) チタン先割れスプーン SCT-004

スノーピーク(snow peak) チタン先割れスプーン SCT-004

 

上の方で、例示したやつは、フォーク部分が長すぎ、

その下のキャプテンスタッグのものは、短すぎなんですね。

 

実際に、前回のキャンプの際にこのスポークを使用しましたが、

熱湯の熱伝導で持ち手が熱くなることもなかったですし、

ラーメンを巻くのも、スープをすくうのも、問題なく行えました。

しかも、16gと軽量。(コンビニのスプーンの方が軽いけど、、、)

f:id:nobukicorner:20160115201903j:plain 

f:id:nobukicorner:20160125210850j:plain

 

ちなみに、箸も、欲しくなりましたが、やめました。

素材にもよるんですが、変形したり、カビたりが多いみたいです。

それに箸ができることって、スポークでできるんですよね。

 

もちろん、個々人で、

山の上で食べたいものが違うので一概には言えませんが、、、 

 

ということで、参考まで。